ロレックスを高く売るなら今がチャンス⁈高く売れるモデルはどれ?

ロレックスショップ

高級時計の代名詞といえば、やはりロレックス。高級時計として人気、知名度ともにとても高い支持を得ています。

 

ロレックスを長く愛用されている方がいると思いますが、今使っているモデルが飽きて違うモデルに買い換えようと考えている方や、最近では持っているロレックスをほとんど使っていない方にとっては朗報です♪

 

ここ数年でロレックスの買取価格が高騰しているので、今がロレックスを高く売るチャンスです。

 

そこで買取価格の高騰の理由と、どのモデルが特に高騰しているかをお伝えしていきます。

 

ROLEX(ロレックス)

歴史

ロレックスは1905年ロンドンでハンス・ウィルスドルフによって設立されました。

 

そして、1907年にスイスに事務所を移転しその当時はまだ懐中時計が主流だったのにもかかわらず、腕時計の製造に本格的に取り組みました。

 

その後、ロレックスの3大発明と呼ばれる「オイスターケース」「パーペチュアル」「デイトジャスト」によって高級腕時計でありながらも実用性も兼ね揃え、ビジネスやプライベートのさまざまなシーンで愛用されるようになりました。

 

世界的に見てもロレックスの需要は高くリサイクル市場でも販売、買取ともにたくさんの取引が行われています。

 

財産としてロレックスを購入される方もいるぐらいですからね。それだけ人気と信用があるブランドということでしょう。

 

今がロレックスを高く売るチャンス!

相場上昇

なぜ今ロレックス高く売るチャンスかというと海外ブランドのバッグなどと同じようにインバウンド需要の高まりにより買取価格が高騰しているからです。

 

特にロレックスは中国のお客さんからの需要が高いです。

 

スポーツ系の人気のモデルは正規店での取り扱いもかなり少なく新品で購入するのがかなり難しい状況が続いているので、その分日本の良質なリサイクル品が求められています。

 

それにステンレス素材の時計などは細かなキズがあってもポリッシュ仕上げをすれば細かなキズはほとんどわからなく仕上げをすることができます。

 

そしてムーヴメントの方も日本のリサイクルショップあれば、ほとんどが内部チェックして必要であればオーバーホールまでおこなってから店頭に並べているので海外の方も安心して購入できます

 

こういった付加サービスでも海外の方からの支持を得ており需要が高まっているのです。

 

需要と供給のバランスで需要が供給を上回ると価格が上がる傾向があります。特にリサイクル業界はこの影響をうけやすい業界です。

 

ロレックスの需要はとても高いですが、正直ここまで買取価格が高騰するとは思いもしませんでした(・∀・)

 

78年前ぐらいにスポーツモデルなどをリサイクルショップで購入された方は、そのとき購入した価格より今の買取価格の方が高いことがあります何年かロレックスを使用できたうえに購入した金額より高い金額で売ることができればスゴイ嬉しいですよね( ´∀`)

 

私はリサイクル業で10年働いていましたが今の買取価格は高すぎると個人的に感じるぐらいなので、今がロレックスを高く売るチャンスだと思います!

 

高騰しているモデルはコレ!

ロレックスデイトナ

DAYTONA(デイトナ)

ロレックスの中でも昔から人気が高くずっと品薄状態が続いているためリサイクル品でも定価より高いプレミア価格があたり前になっているモデルです。

 

2014年ぐらい少し価格が落ちつきましたが、2016年に現行のモデル(Ref.116500LN)が新しく発表されてから旧型のモデル(Ref.116520)の価格も急上昇。

 

Ref.116500LN
中古Aランクの推定買取金額:190万〜210

Ref.116520
中古Aランクの推定買取金額:140万〜160

 

SUB MARINER(サブマリーナ)

定番のサブマリーナデイトはダイバーズウォッチなので防水性にも優れていたり、日付もサイクロプスレンズで拡大されていたりと、とても実用的なところも人気の秘訣です。

 

初めて高級時計を購入する方などにも人気が高いモデルです。

 

サブマリーナ誕生50周年記念モデルのロレックスカラーを取り入れた通称グリーサブも高騰しています。

 

Ref.116610LN
中古Aランクの推定買取金額:85万〜95

Ref.16610
中古Aランクの推定買取金額:約50万〜60

Ref.16610LV
中古Aランクの推定買取金額:90万〜100

 

GMT MASTER2(GMTマスター2)

GMTマスターの魅力はなんといってもベゼルの色使いでしょう♪単色の黒ベゼルのシンプルな感じも素敵ですが、2トーンカラーの個性溢れるデザインが個人的には好みです。

 

Ref.116710BLNR
中古Aランクの推定買取金額:100万〜120

Ref.16710(青/赤ベゼル)』
中古Aランクの推定買取金額:約80万〜100

 

EXPLORER1(エクスプローラー 1)

木村拓哉さんがドラマ「ラブジェネレーション」で使用したこともあり、日本での人気も安定しています。

 

旧型(Ref.114270)のケース幅36mmとスポーツモデルの中では小ぶりなので腕の細い方にはこのぐらいのサイズ感が合わせやすいかもしれませんね。ちなみ現行のモデル(Ref.214270)のケース幅は39mmとサイズアップしています。

 

Ref.214270
中古Aランクの推定買取金額:45万〜55

Ref.114270
中古Aランクの推定買取金額:35万〜45

 

EXPLORER2(エクスプローラー 2)

シンプルなデザインで日付も付いているのでビジネスマンに人気のモデルです。

 

GMT針がオレンジなのもワンアクセントとなって爽やかな印象ですね♪

 

文字盤の色は黒文字盤と白文字盤があるので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

 

相場的には黒文字盤の方が少し高い傾向があります。

 

Ref.215670
中古Aランクの推定買取金額:65万〜75

Ref.16570
中古Aランクの推定買取金額:45万〜55

 

その他のモデルの買取金額が気になる方は…
【2019年版】中古のロレックスの買取価格を大公開!!

まとめ

全般的に見ると旧型のステンレス素材のスポーツモデルが特に高騰している傾向にあります。

 

現行のモデルは定価も高いのでロレックスの中ではわりとリーズナブルな旧型のリサイクル品の需要が高いので買取価格も高騰しているのでしょう。

 

それにステンレス素材のモデルはビジネスシーンでも愛用できるため昔から需要が高いです。

 

上記以外にもロレックス全体的に買取価格の上昇傾向にあるので、ロレックスを売ろうと考えている方にとっては良いタイミングだと感じます。

 

忙しい方や自宅のまわりに買取してくれるショップがない方は宅配買取サービスも利用してみてはいかがでしょうか。

 

本記事を最後までご覧いただきありがとうございます。



合わせて読みたい

『高価買取のコツ』~元リサイクルショップ」マネージャーが教える損をしない買取術~