ルイヴィトンの買取価格が高騰⁈

ルイヴィトンの買取価格に

ここ12年でルイヴィトンのバッグの買取価格が高騰しています

 

私は少し前までブランド品をメインで扱っているリサイクルショップで10年間働いていましたが、ここまでルイヴィトンのバッグの買取価格が高騰するとは思いもしませんでした。

 

一般的にはどのブランドも毎年新作が発売されるため綺麗な状態でも型が古くなると人気が落ち買取価格も安くなる傾向があります。

 

しかし最近のルイヴィトンの買取相場をチェックしてみると年代が古いバッグの買取価格が高騰しています。

 

昔に購入したルイヴィトンのバッグが、もし使わずにクローゼットに眠っているのであれば個人的には今が売り時だと感じています。

 

今回はそんなルイヴィトンの買取価格の高騰の理由と具体的にどんな商品が高騰しているのかお伝えします。

LOUIS VUTTON(ルイヴィトン)

ルイヴィトン

ルイヴィトンは1854年に設立したフランスのファッションブランドです。LVMH(モネ・ヘルシー・モギビッシュルイ・ヴィトン)グループの中核ブランドになっています。

 

日本でも数々の芸能人をはじめ、年齢や性別を問わずたくさんの方に支持されています。ブランドにまったく興味のない方もルイヴィトンの名前ぐらいは耳にしたことがあることでしょう。

 

街中を歩いていてもルイヴィトンの商品を持たれている方をよく見かけます。

 

実際にリサイクルショップで働いていた時も海外ブランドの買取のは過半数はルイヴィトンの買取でした。

 

つまりそれだけルイヴィトンを持っている方が多いということ!

 

ルイヴィトンの商品のラインナップとしてはLVのロゴと星と花を組み合わせデザインのモノグラムラインが印象的ですね♪

 

その他にもダミエ、ダミエ・グラフィット、エピ、ヴェルニ、マルチカラー、モノグラム・アンプラント、タイガこの他にもさまざまラインがあります。

 

定番ライン意外にも期間限定のコレクションも人気です。

 

最近では草間彌生やシュプリームとのコラボ商品もとても話題になりました。

 

View this post on Instagram

 

ルイ・ヴィトン×シュプリーム ヤバかった。。。 また動画で♪

HIKAKIN ヒカキンさん(@hikakin)がシェアした投稿 –

しかし、人気のブランドではあるものの最近の買取価格の高騰はリサイクル業界でも稀なことです。なぜここ数年で買取価格がここまで高騰したのか、その理由についてみていきましょう♪

 

ルイヴィトンの買取価格が高騰している理由

理由

ルイヴィトンの買取価格が高騰している最大の理由は訪日外国人の需要がとても高いからです。

 

そのため訪日外国人が多い都心部を中心に需要が高まり買取価格が高騰しています。

 

リサイクルショップとしてはよく売れるモノであればスグに利益を得ることができるのでなんとしても仕入れたいと思います。

 

そして、まわりのライバル店も同じことを思っているので仕入れの価格競争になり買取価格が高騰していくのです。

 

訪日外国人からすると日本のリサイクルの商品はとても良質なモノが多く、そしてなにより日本の企業が販売しているという安心感があるようです。

 

以前、中国の方に聞いたのですが自分の国だろうが中国だと偽物の出回りが多いので正規店以外でブランド品を購入するのは抵抗がある方も多いらしいです。

 

正規店だともちろん定価での販売なのでお値段もけっこうしますからね〜_φ( ̄ー ̄ )

 

ルイヴィトンに限ったことではないですが、ここ数年ブランド品の定価が値上がりしています。ルイヴィトンの新作などの価格帯も上昇傾向です。

 

なので正規店で新品を購入するのが経済的に厳しい方にも日本の良質なリサイクル品は需要が高いです。

 

ルイヴィトンのどのような商品が高騰しているの⁈

疑問

ルイヴィトンの買取価格が高騰しているといってもルイヴィトンの商品全部が高騰しているわけではありません!

 

先ほどに述べたように訪日外国人の方に人気のモノが高騰しています。

 

それでは実際にどういったモノが買取価格が高騰しているのかお伝えします\(^o^)/

 

モノグラムラインの小ぶりな斜めがけのできるショルダーバッグ

  • タンブラン(M51179)
  • スポンティー二(M47500)
  • ヴィバシテPM(M51165)
  • ブロワ(M51221)
  • ポシェットツインGM(M51852)
  • ポシェットガンジュ (M51870)

 

◆モノグラムラインの小ぶりなハンドバッグ

  • ヴァンヴァンPM(M51172)
  • バケット23(M42238)
  • モンソー(M51185)

 

◆モノグラムライン、ダミエラインのリュック

  • モンスリMM(M51136)
  • ミニモンスリ(M51137)
  • ソーホー(N51132)

 

◆モノグラムラインのボストンバッグ(ショルダーストラップ付き)

  • キーポルバンドリエール45(M41418)
  • キーポルバンドリエール50(M41416)

 

全体的にモノグラムラインの小ぶりなバッグの需要が高い傾向があります。年代が古くても持ち手などのヌメ革がキレイだと買取価格の期待ができそう。キーポルバンドリエールは横幅が小さいサイズ(4550㎝)が人気です。

 

あとがき

高価買取ポイントについてはいろいろありますが高く売る1番のコツは需要があるうちに早く売ることです。

 

つまり使わなくなった時が売り時です!

 

そのため定期的にご自宅の整理整頓して使わなくなったモノをチェックすることが大切ですよ(^○^)

 

賢くモノを売り買いして豊かな人生を送ってください!

 

忙しくなかなか店頭まで買取に持っていく時間のない方や、地方に住んでいて近くに高く買い取ってくれるリサイクルショップがない方などには宅配買取がおすすめです!


合わせて読みたい

シャネル・エルメスを高く売るためには?