リサイクル業界とリサイクルショップのことが10分でわかる!

リサイクルについて

皆さんはリサイクルについてどんな印象をお持ちですか?

 

私は以前リサイクル業マネージャーとして10年間働いていました

 

リサイクル業界で働く前まではリサイクルに対して、「人の使ったモノだし買うには抵抗があるな」「リサイクル品って需要があるのかな?」という印象を持っていました。

 

いざ働いてみると「リサイクルといっても新古品のようにほとんど使用感の少ない商品もたくさんあるんだな」と感じました。

 

もちろんかなり使用された商品もありますが、その状態に見合う販売価格なら意外に需要があることもわかりました。

 

それまでの自分とは違う価値観も知ることができ、リサイクルに対する抵抗が少なくなりました。

 

リサイクルをうまく活用すれば自経済面も豊かになると実感しているので、皆さんにもリサイクル業界やリサイクルショップについてもっと知ってほしいと思い記事にしました。

 

リサイクルショップについて

魅力

リサイクルショップを利用するメリットとしては以下のことが挙げられます。

 

◆お買得な商品を購入できる

リサイクルなので同じ商品であっても1つ1つの状態は異なり、リサイクルショップがその状態を確認して買取価格や販売価格を決めています。

 

もしそのリサイクルショップがこの商品はあまり売れないと判断してすごく割安の販売価格をつけた商品が、自分の探している商品だったらお買得に購入することができます。

 

いろいろなリサイクルショップをまわってみると、とてもお買得な商品に出くわすこともありますよ♪

 

◆廃番品などが手に入る可能性がある

今使っている商品が壊れてしまったけど使いやすくて気に入っているから同じ商品欲しいと思っても廃盤になっていたら、もう手に入りません。

 

そんな時にリサイクルショップで探せば廃盤品を見つけられることもあります。

 

また、ヴィンテージを求めてあえて古い商品を探している方もここ最近は多いですよね♪

 

廃盤品の他には限定品やノベルティーアイテムなんかも見うけられます( ^ω^ )

 

◆不用になったモノを買取してもらえる

自分にとっては不用になったモノでも、世の中にはそれを必要としている人がいるものです。

 

不用になったものを現金化してくれるのはとても便利!

 

特に次から次へとモノを買ってしまうお買い物好きな方にとっては使わなくなったモノもその分多いでしょうし買取を賢く利用したいですね。

 

最近では買取品目も増えていろんなモノを買取できるようになったり、出張買取や宅配買取などのサービスも充実し皆さんにとって売りやすい環境になってきています

 

リサイクル業界について

リサイクルショップ

次はリサイクル業界についてみていきましょう。

 

リサイクル業は不況にも強いと言われています。2008年におこった世界的金融危機のリーマンショックの影響で国内の小売業は軒並み前年を大きく下回りました。

 

そんな中でもリサイクル業界の業界規模は増加傾向にありました。

 

景気が悪くなったことで消費者の節約に対する意識が高まりリサイクルやリユースが注目されるようになったのです。

 

その後、2015年頃になるとリーマンショック以降低迷していた宝石・貴金属・ブランド品などの高額品の消費も回復傾向になり、それらを扱うリサイクルショップにとって追い風になりました。

 

昔から比べるとリサイクルショップや買取専門店の数も増え、さまざまなアイテムがリサイクルでも販売されたり、買取の告知もよく目にするようになりました。

 

リサイクル業界の現状と課題

リサイクル業界の今後

ここ数年は、メルカリをはじめとするフリマアプリが台頭しています。

 

皆さんもご存知だと思いますが、企業を通さず消費者同士の個人間の売買(いわゆる C to C )取引です。

 

スマホの普及とともに、スマホだけでモノを売り買いできる手軽さがウケて消費者にとってリサイクルがより身近になった一方で、その影響を受けたのがリサイクルショップです。不用品を消費者同士で売り買いすることによってリサイクルショップの買取が減少しました。

 

買取が減少するとリサイクルショップとして販売する商品が減ってしまうので売上も各社苦戦を強いられています。

 

今後、リサイクルショップとしては宅配買取や出張買取などをはじめ企業ならではの付加価値をつけた買取サービスでフリマアプリと差別化をはかり、そのサービスをインターネットを利用し全国各地の消費者に認知させ買取を集めていくことが求められています。


Amazonアカウントで簡単申込【リコマース宅配買取サービス】

 

合わせて読みたい

『高価買取のコツ』~元リサイクル業マネージャーが伝える損をしない買取~