リサイクルショップの宝石はメチャお得⁈宝石業界の裏事情を大公開!

たくさんの宝石

ダイヤモンドをはじめ、ルビー、サファイア、エメラルドなど世の中の女性を魅了する綺麗な宝石♪

 

女性だったらいろんな素敵な宝石を身につけてみたいと思いますよね。

 

しかし一般の方からすれば素敵な宝石は高額のため次から次へと買うのは経済的に厳しい

 

なので、みなさんにリサイクルショップのお得な宝石のことをもっと知ってほしいと思い、この記事を書きました。

 

お得とはいえリサイクルの宝石は買うのはちょっと抵抗があるなと思っている方も最後までこの記事を読んでいただけたら考えが変わるかもしれない内容になっていますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

私は以前リサイクルショップで10年ちょっと働いていました。その際、宝石の仕入れにも携わっており宝石業界の裏事情も知ることができたので、今回はその経験をもとにお伝えしていきます。

 

新品の宝石が高い理由

新品の宝石

そもそも一般の方からすると宝石というのはブランド品などと違いはっきりとした定価もなく、この宝石に対してこの販売価格は高いのか安いのかもわからない方がほとんだと思います。

 

宝石のグ価値がわかるようになると新品の宝石店の販売価格はとても高く感じます!

 

実際に新品の宝石店の販売価格はリサイクルショップの宝石の販売価格よりおよそ2.5倍〜3倍ぐらい高い価格がつけられています。販売価格の設定は会社ごとに違うのであくまでも平均的な数字になります。)

 

この差は新品とリサイクル品という違いももちろんありますが、新品の宝石店の利益率の設定が高いからです。

 

新品の宝石店の利益率が高いのはただ儲けたいだけではありません。宝石業界の経営的に仕方ない部分もあります。

 

宝石業界の裏事情

   宝石の裏事情

宝石は単価が高く贅沢品なので、日用品や雑貨などと違い1日にポンポンとたくさん売れるものではありません。

 

そして単価が高いということは、それだけ在庫額も高いということです。1点の宝石で何十万円、何百万円する宝石をかかえているので店の総在庫額は何千万円という宝石店が多いでしょう。

 

そのため宝石業界は在庫の回転率が低いので1点1点の販売でしっかり利益率を確保していかない経営的に厳しいのです。

 

余談ですが「今でしょ」のワードで知られる林修さんが以前テレビで言っていたのですが、海外セレブにも人気のブランドジュエリー『ハリー・ウィンストン』の利益率は林修さんが知っている中でも1番高いと発言していました。

 

『ハリーウィンストン』の商品になると1点で何百万円、何千万円になるので、総在庫額はものすごい金額になるので利益率も更に高くなるのでしょう。

 

リサイクルショップの宝石販売価格

価格

先ほども述べたように新品の宝石とリサイクルの宝石の販売価格の差はおよそ2.5~3倍ほどあります。

 

新品の仕入れは問屋、卸業者など仲介の業者を経由して実際の宝石店にはいってくるので、その分の仲介手数料もかかりどうしても原価が高くなってしまいます。

 

それに比べてリサイクルショップは一般のお客様から直接、買取という形で仕入れるので仲介手数料は一切かかりません。あとはその宝石の価値を判断して、買取価格にどのくらい利益がほしいか考えて販売価格を決めるだけです。

 

正直リサイクルの販売価格に慣れてくると新品の販売価格で購入するのにとても抵抗が出てくると思います。

 

同じ金額でも新品だとリング1点しか買えないところが、リサイクルだとリング、ネックレス、ピアスの3点揃えることもできますからね(^O^)/

 

宝石こそリサイクルで賢く購入すべき!

購入すべき

でも結局はリサイクル品だから安くても購入するのは抵抗があるなと思われる方もいらっしゃると思いますが、私は宝石こそリサイクル品をオススメします!

 

それはなぜかと言うと新品の宝石店が扱っているリングやネックレスの商品も宝石自体は世界各国を巡回しているリサイクルのものだからです。つまり宝石である鉱物自体はリサイクル品ということです。あとは金やプラチナなどの土台のリング自体やネックレス自体を新品のものに取り替えて新品の宝石として販売しています。

 

一方リサイクルショップの宝石は買取をした後に業者さんに依頼して、小キズなどを見えなくするために研磨処理を行い店頭に並べます。

 

正直ルーペで見ても小キズなどほぼ見えないレベルで研磨してくれるので、見た目では新品かリサイクル品かはほとんどわかりません。金やプラチナも酸化して少し黒ずんでいたとしても研磨をすればとても綺麗に処理できます。

 

リサイクルショップで研磨仕上げが済んだ宝石には「ポリッシュ済み」「新品仕上げ」などと記載されています。

 

バッグなどのリサイクル品はメンテナンスをしても小キズや汚れなどを全てとりきることは難しくリサイクル品だと判断できますが宝石は綺麗に研磨処理をすればリサイクルのものだとほぼわからないところが私がリサイクルの宝石をオススメする理由です。

 

要するにどちらも宝石自体はリサイクルのモノで、新品の宝石店は土台を新しいモノに取り替えて店頭に並べる。リサイクルショップは土台を研磨して店頭に並べるといった感じです。

 

それで販売価格が2.5倍~3倍の差があるので個人的にはサイクルショップの宝石がとてもお得に感じます。

 

※宝石やブランド品を中心に扱っているリサイクルショップは宝石の研磨の仕上げをしてあるお店がほとんどですが、古着屋や家電などを中心に扱っているリサイクルショップは研磨してないお店も多いので注意してください。わららない場合は各リサイクルショップのスタッフの方に店頭に並んでいる宝石は研磨の仕上げがしてあるのかどうかを聞いて確認するのが良いでしょう。

 

リサイクルを通してみなさんが豊かな生活を送ることができればと思っています。本記事を最後までご覧いただきましてありがとうございます。



合わせて読みたい

宝石を高く売るための秘訣!